アービトラージFX自動売買プログラム
arbitrage

ARBITRAGE FX

アービトラージ取引とは別名、裁定取引とも呼ばれ、金融業界で 頻繁に聞かれる単語で、同じ価値のある物の価格差や 金利差を利用して売買をして利鞘を稼ぐ取引方法をアービトラージ取引と言います。
このアービトラージ取引に関しては、書物も多く出版され、研究者も多く、かなり奥の深い分野とも言えます。

具体的にご説明しますと、ある場所では豊富に存在していて安い商品が、ある場所では極めて貴重で高値で取引されて いたとしましょう。
その事実を知っていれば、安い所で買い、高い所に持って行って売るだけで利益を得る事が出来ます。

例えば、日本などの水資源が豊富な地域では水は希少性が乏しいため、極めて安価である。
しかし、この水を砂漠のような水の希少性が高い地域に運んでいけば高値で売る事が出来る。
金融の世界でも同様な取引があり、金利の低い所でお金を借り、金利の高い所で貸し出せば、元手が少なくても多額の 利益を手にする事
が出来る。

株取引で言えば、ある上場企業の株が同時刻に大阪証券取引所では1株\1000で売買、東京証券取引所では\1100で 売買されている情報を
知っていれば大阪証券取引所で\1000で買い、東京証券取引所で¥1100で売れば1株につき \100の利鞘が儲かります。

ここ最近だと海外のブックメーカーを利用したアービトラージ取引が有名ですが、各ブックメーカーは賭けの胴元となり 各社、独自のレートを表示します。その際、オッズの矛盾が発生した瞬間に2社のブックメーカーでそれぞれ異なる チームにBetをすれば、どちらが勝っても負けても利鞘を得る事が出来ます。すなわち、両チームにBetしていますので 絶対にどちらかのブックメーカーでは負けますが、もう片方のブックメーカーでは必ず勝ちます。 そして結果的に利鞘分が利益となります。

このようにアービトラージ取引とは理論上、絶対的に利益を出す事の出来る究極の取引手法と言えます。 そんな究極の取引手法を用いてFXでも利益を出す事が出来ます。

システム

arbitrage

関連サイト

ポートフォリオFX

関連サイト

DMM FXは初心者向け

クリック証券

くりっく365

FOREX